運送業許可 貨物軽自動車

行政書士 無料相談
運送業許可 種類 名古屋


運送業の概要

運送業許可 種類 名古屋


一般貨物自動車運送事業


特定貨物自動車運送事業


貨物軽自動車運送事業


貨物利用運送事業


旅客自動車運送事業


運輸安全マネジメント制度


Gマーク認定制度


バス事業の一部運営委託


Q&A

運送業許可 種類 名古屋


会社概要


依頼するメリット


料金表


お問合せ

 border=
行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

秋葉原オフィス 秋葉原駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 西梅田駅

プライバシーポリシー・免責


トップページ >  貨物軽自動車運送事業
■貨物軽自動車運送事業
     
  貨物軽自動車運送事業とは、軽トラック等を使用して行う運送業のことをいいます。  
     
  荷主から比較的小さな荷物の運送依頼を受け、運賃を受け取り配送する場合、全てこれに該当します。貨物軽自動車運送事業を始めるには運輸支局長(運輸監理部長)への届出が必要となります。  
     
  □貨物軽自動車運送事業を始める主な基準  
   
・車庫 営業所に併設することが原則ですが、併設できない場合は直線距離で2キロ以内に車庫をおくことができます。
車庫に使用する土地が農地法や都市計画法に違反していないことが必要です。車庫が借入の場合、賃貸借契約で建物が使えることを証明する必要があります。
車庫内に全ての車が止められることが必要です。
・車両数 軽トラック1両から始められます。
・車両 4ナンバーで、車検証上の用途が「貨物」になっている車両になっていることが必要です。
乗車定員は「2人」以下、または「2(4)人」と記載されていることが必要です。

5ナンバーである乗用タイプの軽自動車は、乗車定員を「2人」以下に構造を変更して改造申請をする必要のある場合があります。
・その他 運行管理体制の整備、休憩睡眠施設、運賃料金の届出、車両の自賠責保険・任意保険の加入などが必要です。
 
     
  □貨物軽自動車運送事業を始めるまでの流れ   
 
1.書類作成

2.地方運輸支局届出

3.届出書受理

4・管轄軽自動車協会事務所(申請、ナンバー交付)

 
 
 
 
貨物賠償保険についてご存知ですか?

この保険は、、荷主または元請運送人から輸送を委託された貨物が「輸送中」もしくは「仮置中」に生じた損害について、法律上・契約上の賠償責任負担することで生じた損害を補償する運送保険です。

貨物軽自動車運送事業者の方に、気軽にご加入いただける保険が
あります。 例) 1年間の保険料 1台 10,000円

ご興味がある方は、グループ会社をご紹介いたします。
 
運送業許可 名古屋
Copyright (C) Support Solicitor Office. All Rights Reserved.

帰化申請短期滞在ビザ投資経営ビザ不動産投資顧問第二種金融商品取引業測量業登録貨物利用運送業許可合同会社設立化粧品許可クーリングオフ電子定款内容証明家族滞在ビザ大阪配偶者ビザ大阪信託受益権売買業名古屋倉庫業登録横浜化粧品許可横浜医療機器許可名古屋宅建免許申請横浜建設業許可申請名古屋投資助言代理業横浜旅行業登録横浜産業廃棄物資金移動業登録運送業許可名古屋visa japon就労ビザ申請大阪帰化申請横浜永住ビザ申請名古屋興行ビザ申請配偶者ビザ申請中小企業承継事業会社設立名古屋改正省エネ法中国人求人人材紹介 相互リンク集